ケツトジャーナル

小型精米器「パーレスト」:Part5・実器レビュー1

    • 開発秘話

実際にパーレストを使って、玄米を搗精してみました。

 

片手使いがキーワード

まず筐体のサイズです。初代パーレストに比べてカタログ上のサイズは全く同じです。サイズ表記は、幅・奥行・高さの最大値ですが、新型の背面には「ぬか取りケース」が搭載されているため、実際には新型のボディーが一回り小さく、簡単に片手で持ち運ベルサイズです。ただ、重さが2kgなのでサイズの印象からするとズッシリと感じます。

 

蓋を開け、玄米を投入します。

蓋を閉めて、スイッチオン。

蓋を閉めた状態のまま、親指でスイッチを入れられます。片手で済んでしまいます。

 

搗精中はガーッと音が鳴っています。玄米だと30〜40秒ほどで終了とのことですので大体時間を見ながら……終わったかな?で、排出シャッターのレバーをつまんで内部シャッターを開けます。

このシャッターを開ける動作ですが、筐体のくぼみに人差し指、親指でレバーの操作という動作を無意識で行っていました。片手でのオペレーションを意図したデザインになっているようです!

 

内部シャッターが開くと排出ケースに精米が排出されると同時に、モーターが自動停止します。

 

搗精完了。搗精具合は玄米の含水率等によって変わってくるそうなので、実際に精米を目視して足りなかったら再度搗精します。

 

ちなみに、蓋が開いている状態ではモーターは動作しません。安全機構だそうです。確かにこの状態でモーターが回ったら危険ですし、玄米も飛び散ってしまいますからね。

また、背面のぬか取りケースは透明ですので、ぬかが溜まるのが目に見えます。地味ですが便利な工夫です。

 

<Part4へ

Part6:実器レビュー2へ>