外観分析機器 穀粒判別器 RN-500【販売終了】

旧製品
修理対応終了品
外観分析機器

製品概要

穀粒判別器 RN-500【販売終了】
  • 玄米・精米の外観品質を高速で判別し分離
  • 玄米や精米の1000粒を約40秒で測定
  • (財)全国瑞穂食糧検査協会 認定機器

主な仕様

測定方式カラーCCD:(色彩判別用)、ラインイメージセンサ:(胴割判別用)
光源3色LED+緑色LED
選別区分玄米:3区分(認定モード)、6区分(標準モード)、21区分(詳細モード)精米:6区分(標準モード)
選別区分内容玄米21区分:整粒(活青)、胴割、肌ずれ、乳白、心白、青未熟、 基部未熟、腹白、その他未熟、青死米、白死米、全面着色、部分 着色、赤米、発芽粒、芽腐粒、き形、虫害、病害、砕粒、茶米精米6区分:正常粒、紛状質粒、砕粒、被害粒、亀裂粒、異種穀粒
選別粒ケース6種+残粒
測定粒数粒数指定モード:1~2,000粒、全粒モード:全粒
処理時間40秒/1,000粒(条件により異なる)
表示方法粒数百分率、質量百分率(粒数に対して粒質密度を設定した換算値)
平均機能2~5回までの平均
入出力端子USB 1.1:測定結果、測定条件、 RS-232C:測定結果プリンタ端子:測定結果(付属のプリンタ VZ-360接続用)
使用温湿度範囲5~35℃ 10~80%(非結露)
電源AC100V±10%(50/60Hz)
寸法・質量404(W)×486(D)×384(H)mm、15.0kg
オプションデータ管理ソフト「データアナライザ」、データロガーソフト「NDL-02」

カタログ・取扱説明書

現在発売中の製品