ケツトジャーナル

久しぶりの展示会!JASIS 2020に出展します。

    • 展示会

未だコロナウィルス感染の収束が見えない中ですが、皆様もコロナ禍によって生じる様々な事象に対し、正解の見えない試行錯誤の日々を過ごされていることかと思います。

今年は、生活環境はもちろんですが、私たちの働き方も大きく変化した年といえるかと思います。

 

私も昨年まではお客様とお話する際、まずは直接お会いしてお話する場合が多かったのですが、現在では、まずWeb会議が第一の選択肢として挙がってきます。Web会議は、手軽に打合せが行え、時間を有効に使える一方、画面を隔てる分、表情や声のトーンが伝わりづらく(マスク姿であるせいもあるかもしれません)、いかにコミュニケーションおいて言葉以外の要素が占める割合が大きいかを実感しています。

また、同様の方も多いかと思いますが、私も今年初めてテレワークを経験し、メールなどの文字でのやり取りが業務の中心となる中、細かいニュアンスがうまく伝わらず、苦労することもありました。コロナ禍にあって新たな気づきを多く得られましたが、とりわけコミュニケーションについて、改めて考えさせられることが個人的には多かったように感じます。

 

そんな2020年も残り2か月を切った中、直接皆様のお話を伺える場である展示会への出展のご案内です。

今年は出展予定の展示会においても中止や延期が相次いでいましたが、今月の11月11日から3日間、幕張メッセで開催されるJASIS2020に出展いたします。

実に10か月ぶりの展示会出展となります。

JASIS2020は科学機器、分析機器のメーカーが一堂に会するアジア最大級の分析、科学機器分野の展示会です。

 

弊社ブースでも昨年発売の新製品「近赤外成分計KB-270」を中心に水分測定器や膜厚測定器を展示いたします。

イチオシ製品である「近赤外成分計KB-270」は器械に測定サンプルを載せ、測定ボタンを押すだけの簡単操作で、数秒で水分をはじめ、脂肪、タンパク等の成分測定が可能です。

また、測定対象を限定せず、様々な業界、分野で生産されるサンプルを測定できることが大きな特徴のため、昨年のJASIS2019でも、業界問わず多くのご来訪のお客様に興味を持っていただいた製品です。

実際の器械を展示しておりますので、ぜひ間近でご覧いただければと思います。

 

コロナ禍での開催のため、会場でも入場時の体温チェック、マスク着用の義務化等が徹底されています。

弊社ブースでも消毒を徹底し、可能な限り密を避けるようコロナ対策を行い、コロナ禍にあっても安心してご来場いただけるよう努めます。

 

すでに水分計、膜厚計をお使いであったり、膜厚の測定をご希望であれば、ぜひ弊社ブースにお越しいただき、ご意見ご要望を直接お聞かせいただければと思います。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ライター:営業部・高橋