ケツトジャーナル

カレー専用の米「華麗舞」は、カレーだけに使うのはもったいない!?

    • 米ラボ

前回の記事では、カレー専用のお米として知られている「華麗舞」を実食し、どんなカレーが合うのかを独自調査しました。

4種のカレーを食べながら、最後に一つ質問しています。

「華麗舞は、カレー以外にどのようなものに合いそうですか?」

10名でのアンケートの結果、複数回答があったのが「汁物/お茶漬け」「ガパオ」でした。

カレーの調査でもスープカレーを試食して、スープと絡んだ時のごはんのほぐれ具合は体験しており、間違いなくおいしい組み合わせでした。

よって、「汁物/お茶漬け」は試すまでもなく美味しいだろうと予想されました。

なので今回は、カレーよりももっと固体感のある「ガパオ」と合わせた「ガパオライス」としての華麗舞を検証してみます。 

同時に、比較対象として、前回同様もちもちした食感の「ミルキークイーン」、ガパオライスに最も合いそうな香り米「ジャスミンライス」も一緒に試食してみます。

 

・・・

 

 

準備する米

  • 「華麗舞」
  • 「ミルキークイーン」
  • 「ジャスミンライス」

比較対象としてもちもち代表のミルキークイーンと、ガパオに合わせる大本命、香り米の「ジャスミンライス」も実食する。

華麗舞(左)/ ミルキークイーン(中央)/ ジャスミンライス(右)
形状の違いは顕著で、華麗舞(左)が短粒種(中央)と長粒種(右)の掛け合わせでできていることがうかがえる。

 

 

準備するガパオ

レトルトのガパオで美味しいと評判のヤマモリ社製「ガパオごはん」

 

 

判定者

20〜40代の10名(男性5名、女性5名)

 

 

判定基準

3種のガパオライスを実食し、相性を比較する。比較した結果を点数化する。

 

 

・・・

 

試験中

炊き上がりの華麗舞は、パラパラ感よりも表面の粘り気があり、日本人好みのお米のようです。
パッケージに記載されている通り、普段の炊飯よりも1割程度、お水を少なめに炊いています。

華麗舞(炊き上がり)

 

ミルキークイーンは、一目見てその白さともちもち感を感じられます。

ミルキークイーン(炊き上がり)

 

そして、ジャスミンライスです。
しまった、他の米と比較にならないくらいの
香りが! 部屋に入った途端、ジャスミンというか青い枝豆のような良い香りに包まれています。
もちろん、長細い形状をしています。こちらも華麗舞同様、お水は少なめ、浸水時間も要らないので計量してすぐに炊きます。

ジャスミンライス(炊き上がり)

 

 

・・・

 

結果

3種類のお米で作ったガパオライスを食べ比べ、感想のアンケートを取りました。

また、それぞれを比較するため、華麗舞を3点(5点満点)とした場合、ミルキークイーン、ジャスミンライスは何点くらいか、アンケートを取りました。

10名が付けた点数の平均値を、それぞれのガパオライスの点数としました。

今回もあくまで米ラボの独自の見解です。

 

華麗舞のガパオライス

一部のコメント

・ガパオのひき肉と華麗舞の米粒が口の中でホロホロと崩れて合うと思った。甘味も感じた。
・ほぐれながらも、粒の弾力を感じる。もう少しパラパラしてる方がガパオっぽい。
・粘りがある。辛さがマイルドになっている気がする。
・ミルキークイーンと比べると米のばらつきが全然違い、こちらの方が合うと感じる。前回の時よりも差が明確。
・サラッとしたお米なのでガパオに合っている。ジャスミンライスと比較すると香りがないのでその部分に物足りなさを感じた。

概ね、カレーと同様、華麗舞はガパオに合うという意見でした。

基準として、3点とします。

 

 

ミルキークイーンのガパオライス

一部のコメント

・ずっしり重たくもちっとして甘さもあるので、ひき肉がより重たく感じてイマイチでした。
・これはこれで食べればいいのかもしれないけど、比較しちゃうと微妙。
・家庭で食べるガパオという感じ。もちもちはしているものの、ガパオの辛さで相殺されている。ほぐれる感じは少ない。
・あまり合わないと感じる。
・このお米好きなのですが、すぐにお腹いっぱいに感じるかも。

ガパオにはあまり合わないかなという意見が多い結果に。

前回同様、ミルキークイーンに具をのせて食べて合う合わないといって当て馬にされているような印象もあります。

もちもち感が良く、非常に人気のあるお米なので、わざわざカレーやガパオと合わせるのももったいない話ですね。

点数はこちら。

上記点数は、あくまでガパオとの相性だということを改めて強調しておきます。みんな大好きミルキークイーン!

 

 

ジャスミンライスのガパオライス

一部のコメント

・香りが高く、パラパラとして非常に美味しい。これぞガパオライス!
・アジアンテイストなガパオには香りつきのジャスミンライスが非常に合う。最高!
・うまい!やはりガパオと合う!
・独特の香りは、ガパオのような強い味でも存在感がある。
・ジャスミンライス特有の香りが飽きを感じさせない

大本命、ジャスミンライスです。今回はタイ産の高級品を用意しました。

炊飯時点ですでに良い香りがたちこめており、美味しい予感は全員が感じてしまっていました。

実食したら期待を裏切らないどころか、上回るくらいの評判でした。

点数はこちら。

出ました!ほぼ満点。

当たり前かもしれません。日本国内のキックボクシング大会に、ムエタイチャンピオンがやってきたようなものです。

相性抜群、むしろジャスミンライスと合わせて初めてガパオライスになるのではないかと思える衝撃の結果です。

 

・・・

 

まとめ

 

華麗舞は、カレーしか使い道がないわけではありませんでした。

汁物や丼モノにも合いそうです。今回は検証していないのですが、パラパラ感を活かしたチャーハンや、粒感が残るリゾットなどにも合いそうな気もしました。

 

華麗舞、ミルキークイーン、ジャスミンライス、カレーライス、ガパオライス。

ランチタイムを利用しての試食会は、名目上は「官能試験」なので、いかにも難しい表情を浮かべて考えながら食べるのですが、内心では食事を楽しんでいたのも事実です。

本当に得られた結論は、「お米はおいしい」ということでした!

ライター:凱風快晴