ケツトジャーナル

全国ごはんがすすむ選手権 一回戦 名古屋vs富山

    • 米ラボ

いよいよ、今回から熱戦の様子をお伝えします。

第一回戦に入るその前に・・・ルールのおさらいです。

 

今回の審査員を紹介します。

この3名の評価で勝敗を決定していきます。

第一回戦は名古屋代表の『名古屋嬢ふりかけのり子さん』対『鰤山椒ふりかけ』となりました。

まずは両者の紹介です。

 

選手紹介

・名古屋代表:名古屋嬢ふりかけのり子さん

サイトURL:http://www.arakinoriten.com/

名古屋営業所所長が推薦したのは、名古屋の老舗、株式会社荒木海苔店さんが製造する『名古屋嬢ふりかけのり子さん』。
海苔の老舗による高級海苔をふんだんに使ったふりかけです。
ふりかけといえばご飯のお供のなかではかなり専門性が高い(白米以外への転用性が低い)ものというイメージがありますが、こちらお茶漬けはもとより、サラダ等にも使えそうなほど高い汎用性の高さが魅力です。

 

・富山代表:鰤の山椒ふりかけ

サイトURL:https://www.kabu-yoneda.jp/SHOP/8111.html

営業部富山担当からは、株式会社ヨネダの鰤の山椒ふりかけを推薦されました。
醤油とみりんで炊き上げた鰤のほぐし身に、実山椒を合わせています。
ご飯のお供に抜群なほか、お酒の肴にも、コロッケの具にも、とはヨネダさんの弁。
しっかりとした鰤のほぐし身に山椒のアクセントが魅力です。

 

奇しくも、ふりかけ対決となったこの組み合わせ。

ふりかけという言葉はまさにご飯に「振りかけるもの」であり、ご飯が進むために生まれたといっても過言ではないはず。

勝負のゆくえは!?

 

・・・

 

///////////////// 判定 /////////////////

///////////////// 感想 /////////////////

審査員A
判定/名古屋嬢ふりかけのり子さん:のり子さんはしょっぱさが鰤ふりかけに勝る分、ご飯にはこっちの方が合うのかなと感じた。鰤は想像より優しい味付けで、飲みの〆のお茶漬けとかに最適だと感じた。

審査員B
判定/鰤の山椒ふりかけ:自分にはのり子さんの方がシンプルで鰤の方が複雑な味と感じた。その点から鰤山椒とした。

審査員C
判定/名古屋嬢ふりかけのり子さん:ふりかけのり子さんの方が食感が複雑で飽きが来ないため、のり子さんに一票

 

となり、判定2-1で名古屋代表のふりかけのり子さんが勝ち上がりました。

 

・・・

判定時に筆者も食べさせていただきましたがどちらもおいしく・・・酒好きな自分としては鰤ふりかけを酒の肴にしてもいいのかな、と感じました。

冷の日本酒あたりと合わせるのが良さそうです。山椒の風味が強いので、山椒好きな人には是非。

山椒の香りが高く、お酒にも合いそうな逸品です!おいしい!!

 

両者とも前述のURLからお取り寄せできますので、興味が沸いてきた方は注文してみるのもいかがでしょうか。

 

次は一回戦 第二試合の模様をお伝えします!

次へ>

ライター:ごはんがすすむ選手権運営委員高橋